臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺 元住職(閑栖)ブログ

長野県伊那市にある臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺の元住職ブログです。元住職のオリジナル法話や詩を紹介しています。また、法話会やテレホン法話、お経会等の活動をしています。講演依頼も承ります。
毎月無料冊子「法愛」を発行しております。お気軽にお問い合わせ下さい。コメント、トラックバック大歓迎です。
春3343

JUGEMテーマ:人生論

「春の心」

 

秋は

いつ来たのだろうと思う時があるが

春は

いつくるのだろうという思いが強く

春はどこにあるのかと

探してしまう

 

寒い冬から

暖かな花の咲く季節を

みな 待ちこがれている

 

人の人生も同じ

苦しい風が吹き抜け

そんな寒さの中にいると

いつ暖かで幸せは日がくるのかと

思ってしまう

 

その意味で 苦しみも

春という幸せな思いに

包まれることを

敏感に感じ取っていける

宝かもしれない

 

春のあたたかな思いを

たたえていれば

心は いつも あたたかい

 

07:41 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
二つ3342

JUGEMテーマ:人生論

「二つの自分」

 

この自分には

二つの自分が潜んでいる

 

一つは思い通りになる自分

もう一つが

思い通りにならない自分

 

思い通りにならない自分は

この肉体の自分

 

いくら健康でいたい

若くありたいと思っても

必ず老い

また病になって苦しむこともある

 

思い通りになる自分は

心そのもの

 

どのように心で思い考えるかは

自由で

自分の思い通りになる

だからこそ 心をどのように

コントロールしていくかが

大事になる

 

自分で自由にすることができるのだから

心をベストに持っていくのが

賢いといえる

 

07:41 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
語る3341

JUGEMテーマ:人生論

「語るということ」

 

人は言葉をもち

その言葉を駆使して

語ることができる

 

自分の思いを語る

自分が語るばかりでなく

人の語ることを聞いて

感動したり

聞かない判断もできる

 

人に語るばかりでなく

花や木々にも語り

花や木々の語りかけを

聞くこともできる

 

石は決して話さないが

しかし

石の語りかけを

受け取ることのできる人もいる

 

空と語り

路傍の石の地蔵と語り

見えない世界にいる大いなる存在とも

語ることができる

 

語りは

目には見えない世界にまで

広がっている

 

ああ 幸せなことである

 

07:40 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
食3340

JUGEMテーマ:人生論

「食を得る」

 

食を得るために

働かなくてはならない

 

雪が降って大地が雪に覆われ

小鳥たちは

何を食べているのか

生きていくことは

大変なことだ

 

この食は

身体を

維持していくためだけではない

心にも食がある

 

それは正しい考え方であり

そのための教えでもある

 

そんな教えを

食をいただくように

規則正しく取っていくことが

心を健康に保つ方法だ

 

そのために

常に学んでいこうと

努力する

 

心は教えという食を

食べたがっていることを

悟ることだと 察する

 

07:40 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
奏でる3139

JUGEMテーマ:人生論

「自らを奏(かな)でる」

 

自分を

いつも表現しながら

みな暮らしている

 

たとえれば

自分が自分をひとつの楽器として

奏でているともいえる

 

どんな音を出し

どんな曲をいつも奏でて

仕事をし 生きているのか

 

お他人様が

どんな思いで

その曲を聞いているのか

 

できれば

幸せになれるような曲を聞きたいと

相手は思っているのに

違いない

 

そのために

自分はどんな曲を

いつも奏でていたいか

 

できれば

こんな曲を奏でたい

そんな生き方をしたいと

念じていることが

基本かもしれない

 

07:33 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--