臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺 元住職(閑栖)ブログ

長野県伊那市にある臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺の元住職ブログです。元住職のオリジナル法話や詩を紹介しています。また、法話会やテレホン法話、お経会等の活動をしています。講演依頼も承ります。
毎月無料冊子「法愛」を発行しております。お気軽にお問い合わせ下さい。コメント、トラックバック大歓迎です。
確実4114

JUGEMテーマ:人生論

「確実なこと」

 

確実とは

確かで間違いのないことをいう

 

太陽が東から昇り

そして西に沈む

地球が崩壊しなければ

ほぼ確実なこと

 

人は生まれ老いて死ぬ

これも確実なこと

 

そんな確実なことを

ぼんやり受け止めて

その時が来た時に気づく

 

災害に合って

水が水道からでなくなり

 

水が常に確実にあると

思っていたが

そうでなかったと悟り

水のありがたさを思う

 

日々確実なことを

少し顧みて

そうでないかもしれない

そんな時を想定し

 

感謝の思いを深めてみる

 

07:34 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
吹く4113

JUGEMテーマ:人生論

「吹く風を感じとる」

 

風が吹いてくるのはわかる

どちらの方向から

どれくらいの強さかがわかる

 

冷たい風であれば

防寒具を

あたたかな風であれば

上着を取る

 

さらに

風には

幸せの風と不幸の風がある

 

今吹いているのは

幸せの風か不幸の風か

自分がどう生きるかによって

その風の吹き方が違う

 

間違ったことをすれば

必ず不幸の風が吹く

 

その強さによって

自分の足りなさを知る

 

善を積むことで

幸せの風が吹く

 

そんな風を敏感に受け

静かに感じとって

幸せの道を行く

 

07:30 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
律する4112

JUGEMテーマ:人生論

「律すること」

 

律するとは

生き方から考えれば

 

生きるために教えを定め

その教えにそって

自分を戒めていく

そんな意味になる

 

よく自分を律すというが

何を基準にして律していくかが

問題となる

 

人それぞれに

生き方や考え方がある

 

私は感謝という思いで

自らを律していく

常に努力を惜しまないということで

自らを律する

 

あるいは

もっと具体的に

日曜日の朝でさえも

早く起きる

 

そんな律し方でもよい

そう律していって

やがて

自分が自分を使い切ることができる

 

07:48 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
彩り4111

JUGEMテーマ:人生論

「彩りの人生」

 

秋になると

木々の葉が紅葉し美しい

 

カエデの赤や黄色は

目と心を楽しませてくれる

 

冬は葉が落ち

そして芽吹きの春

夏には青々とした葉が

生きる力をたたえている

 

人生にも

そんな彩りがある

楽しく幸せなときや

寒さに震える

そんな苦しみのときもある

 

どうしてよいかわからないとき

それを乗り越えて

幸せをつかみ取ったとき

 

さまざまに

その人の人生を彩っている

 

その彩りが

人間の美しさを作りだしていく

 

07:32 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
余裕4110

JUGEMテーマ:人生論

「余裕を考える」

 

余裕とは

精神的にゆったりしていること

 

普段の生活でも

たとえば

こつこつ貯金をし

生活費に余裕があれば

苦も少なくなっていく

 

待ち合わせ時間でも

余裕を持っていけば

自分の心も乱れず

相手にも迷惑をかけない

 

そんな日頃の心ががけが

心に余裕をもたらす

 

さらには

日々どういくべきかの

教えを学び

 

心を

その教えに染めていくと

 

困難にあっても

あわてず

事に当たっていくことができる

 

 

 

07:21 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--