プラスの言葉

行4452

JUGEMテーマ:人生論

「行うということ」

 

人は学び知識を得る

 

しかし

その知識を使い行動にうつし

そこから実体験したことが

智慧(ちえ)となり

 

人にそのことを

教えることができるようになる

 

ただ

知識を得て

行わなければ

力なのものになってしまう

 

いくら本で

泳ぎ方を学んでも

実際に

水の中で泳がなければ

決して

自分のものにはならない

 

それと同じといえる

 

学んだことを行い

行いながらまた学ぶ

 

その繰り返しで

人は人間として成長していく

プラスの言葉

人4451

JUGEMテーマ:人生論

「人なるもの」

 

人とはよく

互いに支え合うものという

 

確かに

字から推測するとそうなる

 

しかし

支え合うということだが

 

人びとは互いの利益のために

よく争い

 

それが大きくなると

国と国とが争うほどの

大きな戦(いくさ)になってしまう

 

神仏はその様子を

どう天から見ておられるのか

 

互いが

助け支え合わなくてはならないのに

何千年かけても

まだ理解できない

 

互いの利益を共に理解し合い

支え合うことを

人の字を見て

 

小さなところから

また 始める

プラスの言葉

背負う4450

JUGEMテーマ:人生論

「重荷を背負うこと」

 

誰もが

人生という重荷を背負っている

 

その重荷の中身は

みな違っているが

 

その重荷を投げだして

逃げてしまうと

しばらくの間は

楽なような気もする

 

しかし

逃げ出す前の重荷が

必ず帰ってきて

 

再び

背負わなければならなくなる

 

そうであるならば

その重荷を背負いながら

人生という道を歩いていく

 

そう決めて歩いていくと

 

そのうち

その重荷も気にならなくなり

相手の重荷を

しばらく背負ってあげられる

 

そんな人間に成長していく

プラスの言葉

残4449

JUGEMテーマ:人生論

「残すもの」

 

来た時よりも美しく

という言葉がある

 

みんなが使った部屋や場所を

来た時よりも

きれいにして去る

 

それは

自らの心の汚れを取り

使わせていただいたことに

感謝し

 

そして

次に来る人が

安心して使えるようにするため

 

私たちも

この世に生まれてきて

さまざまな体験をし

あの世に去る

 

そのときに

何を残せばいい

 

生まれて来た時よりも美しく

汚れた生き方よりも

美しい生き方を残す

 

そのために

努力を惜しまず

今日の日を生き抜く

プラスの言葉

分4448

JUGEMテーマ:人生論

「分かるということ」

 

分かるとは

そのこが

明らかになるということ

 

どれほどこの世に

分かることがあるのか

細胞一つ作れない人間

それなのに

神仏などないという人もいる

 

さらに

理解しにくい見えない存在を

否定する人もいる

 

ギリシャの哲人は

無知を説いたが

知らないと素直にいえることも

分かる範囲に

入っているのかもしれない

 

分からないならば

素直な思いで聞く

その人に学ぶ

 

相手が自分より年下でも

部下であっても

知らない人であっても