臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺 元住職(閑栖)ブログ

長野県伊那市にある臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺の元住職ブログです。元住職のオリジナル法話や詩を紹介しています。また、法話会やテレホン法話、お経会等の活動をしています。講演依頼も承ります。
毎月無料冊子「法愛」を発行しております。お気軽にお問い合わせ下さい。コメント、トラックバック大歓迎です。
関り3876

JUGEMテーマ:人生論

「関(かかわ)りの世界」

 

人と人とは

関わり合いをもって生きている

 

人ばかりでなく

自然や動物

あるいは衣服や食べ物など

さまざまなものと関りをもって

生きている

 

生かされている

 

そんな関りは

不思議な縁で結ばれていて

何か大きな意志によって

その関りが存在している

とも思える

 

その関りの中で

人は多くのことを学び

好ましい人も

嫌いな人も

大切な役割をもってそこにいる

ここに集っている

 

関りの合いという

その深い真理をつかみとっていく

 

それも

この世で課せられた

修行かもしれない

 

07:30 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
蓄積3875

JUGEMテーマ:人生論

「蓄積をしていく」

 

蓄積には

さまざまなものがある

資金の蓄積

知識や経験の蓄積

 

あるいは

掃除しなくて

ほこりの蓄積もあるかもしれない

 

何もせず日々を送っていると

掃除をしない部屋のように

心にも知らず

ほこりが蓄積していくから

そんなほこりは

払っていく

 

一方

真理の蓄積は

心の奥底まで落としていって

自らの人生観に役立たせていく

 

さらに

大切な人生の体験の中で得た

経験という宝は

 

輝く蓄積として

何にも代えがたい宝としていく

 

08:00 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
山3874

JUGEMテーマ:人生論

「山のごとく」

 

信州は山が美しい

山は不動で動かない

 

人の心はそれに反して

小さなことで動き乱れ揺れる

 

そんな自らの心と比較して

山の偉大さを知る

 

他と比べることを

戒めることもあるが

自らが反省し

そこからさらに人としての尊さに

目覚めていくならば

他との比較は良いものと知る

 

何事が起こっても

山を見て不動を思う

 

小さなことで心が乱れたら

山を見て

己の小ささを知る

 

そして

やがて山のような

不動心を得ていく

07:31 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
見抜く3873

JUGEMテーマ:人生論

「見抜くということ」

 

相手の過ちを見抜いたり

あるいは

世間の流れを見て

いけない方向へと

進んでいるのを見抜く

 

さらに

自らの至らなさを見ぬいたり

何が正しく

何が間違いなのかを見抜く

 

そんな見抜く力が

必要なときがある

 

見抜くために知識を得

さらに

その知識を

自らの心の内まで落とし込み

智慧(ちえ)に変える

 

その智慧こそ

今世(こんぜ)

得なければならない宝という

 

冷たいという知識を

実際に冷たい水に触れ

その冷たさを知る

 

そんな智慧を増やすことで

さらに見抜く力が増えていき

人格をあげていく

 

07:37 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
石3872

JUGEMテーマ:人生論

「石のごとく」

 

人生の中で

石のごとく強く

生きなくてはならないときがある

 

固く堅固に動じない

そんな生き方を

求められることがある

 

そのときに

石のように時を長く耐え抜く

そんな思いを石から学ぶ

 

少しの意地悪や悪口

あるいはいじめにも

石のように強く動じない

そんな心の強さが必要なときがある

 

じっとこらえて涙を流す

しかし

内には負けない強い志を持つ

 

石が語る

そう思ってくれれば

石なる私も喜びだと

 

07:37 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
待つ3871

JUGEMテーマ:人生論

「待つ力」

 

何事も

待ってあげることは

大きな力がそこにいる

 

待ち合わせで

5時間待ったという人のことを聞くと

頭が下がるどころか

宇宙人ではないかと

思ってしまうこともある

 

子どもの成長を待つ

隣人の幸せを待つ

自らの人格成長を待つ

 

待つために

そこには人知れず

努力が潜む

待つために心の力がいる

 

相手の病気が良くなることを

待つのにも

そこに祈りがいる

 

待つことの中に

たくさんの思いと学びが

潜んでいるかもしれない

07:38 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
苦手3870

JUGEMテーマ:人生論

「苦手意識」

 

誰にでも苦手なものがある

英語や数学

あるいはあの人 この人

さまざまだ

 

苦手意識から遠ざかっていても

それで支障がなければよいのだが

 

どうしても

関りを持たなくてはならない場合

 

学問ならば

その学問に関心を持つと

なんとか

その科目をクリヤーできそう

 

人間関係では

少し距離をおく

 

距離をおくことができな人であれば

心を柔軟にし

相手の利点を見つめる

 

川の流れは

苦手な大石もさらさらと

避けて流れていく

 

自然の中に

さまざまな答えがある

 

07:33 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
くもる3869

JUGEMテーマ:人生論

「目がくもる」

 

心がいらいらしていると

見るものがゆがんでくる

 

目がくもって

正しくものが見えなくなる

 

相手を見たり

自然と触れ合ったり

それによって

さまざまな見方が出て来る

 

そして

人それぞれで

みんな見方が違う

 

くもった眼鏡を使っていれば

さらに目の前の景色が

ぼんやりしていて

正しい判断ができずに

相手を傷つけてしまうこともある

 

毎日顔を洗うがごとく

心を反省し悪を止めて

透き通った目を保つ

 

そして

紅梅を見つめてみる

近しい人を見つめてみる

07:36 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
頑張る3868

JUGEMテーマ:人生論

「頑張るということ」

 

頑張って生きる

そう思って生きることは

大事なこと

 

しかし

頑張りぬいて

さらに頑張れと言われると

へこたれてしまうこともある

 

頑張るのもよいが

頑張らないで

適当にでいることも

たまには必要になる

 

共に極端に走ると

どこか故障がでてくる

頑張りすぎると身体を壊し

心も大変な思いになってくる

 

まったく頑張らないで

適当に生きていると

人間がダメになっていく

 

自らの心と身体をよくみて

頑張るときは頑張り

適当にこなしていくことも

生きる術だ

 

07:40 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
今日3867

JUGEMテーマ:人生論

「今日を生きる」

 

今日という日は二度とこない

 

それは理解しているが

このことを常に心において

生きている人は

少ないかもしれない

 

たとえば

今日という日は

与えられた命の1日

その積み重ねで人生がある

 

どう生きるかで

この命が有効に使われたか

無駄に使われたが決まる

 

みな同じ命の時間

今日という日を与えられている

 

至らない人も徳ある人も

この世では同じ今日を生きている

 

学ばなくてはと決意する

 

あの世は

すべての人が共通する

今日は存在しないから・・・

 

07:34 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--