臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺 元住職(閑栖)ブログ

長野県伊那市にある臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺の元住職ブログです。元住職のオリジナル法話や詩を紹介しています。また、法話会やテレホン法話、お経会等の活動をしています。講演依頼も承ります。
毎月無料冊子「法愛」を発行しております。お気軽にお問い合わせ下さい。コメント、トラックバック大歓迎です。
迎4276

JUGEMテーマ:人生論

「心に迎えるもの」

 

お客様を迎えるとか

人を招くときなどに

この迎えるが使われる

 

さて

日々の暮らしのなかで

さまざまなできごとが

起こってくる

 

ある意味では

その出来事を

自分が迎えていることになる

 

そのなかで

何度もよろしいと迎えていると

心が病んでくる

 

決してみな

泥棒を迎えることはなく

拒否する

 

心にも同じことが言え

怒りを迎えてはならないし

どん欲な思いを迎えていると

やがて

大切なものを失う

 

何を心に迎えるかを

よく考え判断して

今日も生きぬく

 

07:43 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
量4275

JUGEMテーマ:人生論

「量をはかる」

 

重さをはかるとよくいう

秤(はかり)を使って

物の重さを

はかるのはたやすいこと

 

しかし

量にもさまざまあって

 

自分にあった

努力の量をはかるのは

難しいかもしれない

 

健康になるための

自分における量は

どのくらいか

 

人によってさまざまで

その量を自らの秤で

はからなくてはならない

 

やさしさの量はどうか

思いやりの量はどうか

 

逆に

欲望の量や

不満の量をはかってみる

 

できれば

そんな量は

少なめにしておく

 

07:40 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
重4274

JUGEMテーマ:人生論

「重(かさ)ねる」

 

人は生きている間に

さまざまな体験をし

学びを積み上げていく

 

小さい頃の体験と

老いたときの体験の差は

大きなものとなる

 

しかし

小さな頃の純粋な思いは

年を経ると共に失われ

 

欲深さと不満の思いが

積み重なり

純粋な思いが隠れてしまう

 

正しく生きるという

生き方のコントロールを

常に心に置き実行していく

 

その積み重ねが

年を経ても

純粋な心を持ち

さらに体験を重ねて

人格の深さに通じていく

 

07:39 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
楽4273

JUGEMテーマ:人生論

「楽をする」

 

大概の人は

楽をしたいと思う

 

働かなくて食べていければ

こんな楽で

いいことはないと思う

 

あの世での生活は

肉体がないので

食べるために

働かなくてもよい

 

非常に楽な日々を

過ごす

 

しかし

それでは心の学びが

減少してしまう

 

この思うようになりにくい

肉体に宿り

魂という本人が

さまざまな修行をし

学びをするのがこの世

 

だから

時には楽もいいが

 

努力を惜しまず

嫌なことでも

前に進んで行っていく

 

07:33 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
植4272

JUGEMテーマ:人生論

「知らず植える」

 

植えるといえば

苗を植える

種を植える

植えたものを大事に育てて

野菜になり花になる

 

だれも植えないのに

自然に

生えてくるものもある

 

人もそう

やさしさの種を心に植える

その種を大事に育てる

 

すると

優しい人柄がそこに咲く

 

不満を知らずに植えていると

その種が知らずに育って

それも蔓(つる)のように

心に巻き付く

 

心が苦しめられ

不満の思いが倍増する

 

何を心に植えるか

何を心に植えてしまっているのか

点検する

 

07:40 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
遊4271

JUGEMテーマ:人生論

「遊ぶということ」

 

毎日仕事をし

時には遊ぶことも

心を休ませるためには

必要になる

 

しかし

よく言われるように

遊んでばかりいると

何も身につかないある

 

人は遊びが仕事となり

生活の糧になっていく人もいる

 

そんな人は稀だが

こんな遊びも優れている

それは

真理の遊び

 

真理を学び

それを実践して

身につけていく

 

それを遊びとしてこなしていけば

生き方も深くなっていく

 

真理に遊ぶ

 

気軽に

この世界に入って

遊んでみる

 

07:34 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
共4270

JUGEMテーマ:人生論

「共に歩む」

 

人は

一人では生きられない

 

一人で生きているようでも

一人で生まれてきた人はいないし

 

亡くなるときも

大概の人は

誰かのお世話になる

 

共に生きるこの法則は

誰にもあてはまる

 

ゆえに

相手を支えてあげることを

ごく普通のこととして

受け止める

 

また

見えないとろこで

共に歩んでいる人がいる

 

それは家族かもしれないし

本当に見えない

神仏の存在かもしれない

 

支えられている

真実を知れば

共に手を取り歩むことの

大切さを知る

 

07:34 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
失4269

JUGEMテーマ:人生論

「失う」

 

たとえば

可愛がっている犬が

逃げてしまった

 

その犬を

おそらくみな

探し求めるであろう

 

しかし

自分を見失った

その自分を探す人は

どれほどいるのか

そう孟子はいった

 

孟子も

本来の自分を

知っていたのかもしれない

 

本当の自分は何かを

追い求めて

先人は深い考えに身を置き

探し求めてきた

 

ある人は

心の奥を尋ねていっても

その深さに 知らず

涙がこぼれるともいった

 

おそらく

本当の自分は

慈悲深い自分であるはず

 

07:39 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
私4268

JUGEMテーマ:人生論

「私という存在」

 

私自身を知るために

鏡を見る

目があり鼻がある 口がある

しわもあるしと見つめる

 

そして

周りの人を見ると

違った顔の人が

さまざまに存在している

 

違った顔を見て

私自身を判断する

 

あるいは

自らの性格を思い浮かべ

相手とは違う

そのことで

自分を判断するときもある

 

仏教的には

みな仏の心を持っているとする

それが私であるという

 

そんな私を深く味わうために

静かに自らを深く思う

 

そこに尊い私自身が

輝いている

 

その輝きを

見つけ出すことができるか

 

07:34 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
未熟4267

JUGEMテーマ:人生論

「未熟ということ」

 

人はいつまでたっても

未熟である

 

専門を極めた人もいるが

そんな人に限って

まだ未熟と思い

さらに高みへと努力を重ねる

 

簡単に

出来上がってしまう人ほど

この未熟さと

縁がないかもしれない

 

人間性においても

未熟であり

完璧な人はいない

 

人間性を極め深めていくのに

限りがない

 

その行く先の頂には

神仏の思いが輝く

 

そこに至ることはできなくても

未熟であるゆえに

謙虚に努力を積み重ねていく

 

そんな精神が尊い

 

07:37 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--