JUGEMテーマ:人生論

「役を演じる」

 

この世はひとつの舞台である

それぞれの役について

演じる

 

その演じ方が

一人よがりであれば

 

全体の調和がとれず

その舞台も

見る人によっては

つまらないものとなる

 

主役やわき役もあって

それを納得し演じる

 

この世の舞台でも同じで

自分が何を演じているのかを

察する

 

そのとき

自分本位の演じ方をすれば

調和を乱し

その舞台もおそらく

失敗に終わる

 

相手の演じ方を見ながら

自らの演じ方を探る

 

それが

この世の修行なのかもしれない