臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺 元住職(閑栖)ブログ

長野県伊那市にある臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺の元住職ブログです。元住職のオリジナル法話や詩を紹介しています。また、法話会やテレホン法話、お経会等の活動をしています。講演依頼も承ります。
毎月無料冊子「法愛」を発行しております。お気軽にお問い合わせ下さい。コメント、トラックバック大歓迎です。
<< 生き抜く言葉1722 | TOP | 生き抜く言葉1724 >>
生き抜く言葉1723
JUGEMテーマ:人生論
「ひと色に染まる」

心が乱れていると
心は
さまざまな色に
混ぜ合わさって
きれいではありません

心の乱れは
色でたとえれば
あまりきれいな
色ではないはずです

ひと色に染まるとは
相手の気持ちと
一つに
なるということです

一つになると
白は白
赤は赤
黄色は黄色と
淡色できれいなのです

それは
迷わない
と言うことでも
あるわけです

相手の気持ちと
一つになる

分け入っても
分け入っても
青い山
ですね 
07:30 | プラスの言葉 | comments(1) | - | - | - |
コメント
こんばんは。
こちらの記事を読むにつけ、本当に自分自身にあてはまることが多く、切ないような気持ちになります。
心の迷いというのは、なかなかどうして、吹っ切るのが難しいことです、、、
あるがままの自分を受け入れ、自分のカラーを持ち味として好きになれれば良いのですが。
山頭火のように、シンプルに生きてみたいものですよね。
度々の書き込み、失礼しました<m(__)m>
2014/05/20 11:40 PM by さんとう花
コメントする











09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--