JUGEMテーマ:人生論

「慎み深く」

 

慎みのないふるまいは

相手を不快にさせる

 

自らの心の中に

自分本位な考え方があるゆえに

ふるまいに

横柄なところが出て来てしまう

 

慎むとは

事にあたって

慎重にするということ

 

そのとき

自分の心の状態をよく見極め

怒りやどん欲

あるいは不平の思いを抑え

 

良心の部分を面に出して

相手に接していくことが

肝要になる

 

このようなことは

すぐにはできないゆえに

日々の心の鍛錬が

必要となる