JUGEMテーマ:人生論

「思うということ」

 

心で何を思っても

かまわない

 

その思いは

誰からも見えないから

 

姿形(すがたかたち)は目で見えるので

なんとか注意をして

整える

 

しかし

思いは見えないので

つい安心してしまい

思うがままにしていることが

多い

 

その思いの力は強く

やがて

姿形となって現れてくる

 

優しい思いを

常に持っていると

そんな姿に

体が変化してくる

 

だから

誰かに見られているという

戒めを持って

思いを整えていく