臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺 元住職(閑栖)ブログ

長野県伊那市にある臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺の元住職ブログです。元住職のオリジナル法話や詩を紹介しています。また、法話会やテレホン法話、お経会等の活動をしています。講演依頼も承ります。
毎月無料冊子「法愛」を発行しております。お気軽にお問い合わせ下さい。コメント、トラックバック大歓迎です。
<< 色4366 | TOP | 迅速4368 >>
磨4367

JUGEMテーマ:人生論

「磨くということ」

 

出かけるときに

靴を磨く

汚れていれば

他の人に見られれば恥ずかしい

 

同じように心も磨く

磨いてきれいにし

光沢を出す

 

もし磨かなければ

汚れてしまって

その姿を他の人に見られれば

恥ずかしい思いがする

 

しかし

心は見えない

靴は見えるので磨こうとする

泥がついていれば落とし

傷がつけば

その箇所を直そうとする

 

心は見えないから

なおざりになりやすい

だから

心を磨こうとしなくなる

 

まず心も磨けることを

知る

07:28 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする











07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--