臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺 元住職(閑栖)ブログ

長野県伊那市にある臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺の元住職ブログです。元住職のオリジナル法話や詩を紹介しています。また、法話会やテレホン法話、お経会等の活動をしています。講演依頼も承ります。
毎月無料冊子「法愛」を発行しております。お気軽にお問い合わせ下さい。コメント、トラックバック大歓迎です。
<< 信仰深い人は楽に死ねる? | TOP | 信仰深い人は楽に死ねる?3 >>
信仰深い人は楽に死ねる?2
 善を積み、信仰深ければ、楽に死ねる確率は高いでしょう。
 もう一つは、心の力を使うことです。

 先日テレビを見ていたら、長野県の飯田市にある、貧乏神神社のことをやっていました。全国から、何人もお参りにくると報道していました。

 そこには、貧乏神の像があって(ほんとうに、貧乏神みたい)、そのまえに太い木が立ててあります。その木に向かって、棒で3回「貧乏神出てけ、出てけ、出てけ」と言いながら、思いきり、たたくのです。

 心の中にある貧乏という思いを、この行為によって、追い出すのだそうです。

 周りには全国からお礼にきた手紙や志が張ってありました。

 これは心の力を使って、貧乏を追い出す方法として、納得のいくものがあります。

 同じように、心のなかで、楽に逝ける、楽に逝ける、ぽっくりいける、と思って暮していると、やがてそうなるということです。

 逆に寝たきりになる、ボケる、なっどといつも心配していると、おそらくそうなることでしょう。
 心の力は、以外に大きな仕事をするのです。
08:23 | 死について | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kanjin.gokokuji.jp/trackback/877044
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--