プラスの言葉

わたし4485

JUGEMテーマ:人生論

「わたしという存在」

 

わたし(私)という存在は

と問われると

即答できる人は

多くはないかもしれない

 

自分とはどんな存在なのか

ただ食べて働いて寝て

ときには楽しみ苦しみ生きる

 

そんな存在なのか

 

自己を探求することは

禅の考え方だが

誰しもが

わたしという存在を

問い訪ねてきた

 

考えてみれば

神仏から分かれてきた

存在であれば

 

わたしの中に

神仏の心を探し

それを実感として体得した時

 

わたしという存在に

触れることが

できるのかもしれない

プラスの言葉

耐4484

JUGEMテーマ:人生論

「耐えるというこ」

 

人生は

耐え忍ぶことが多い

 

それは

やってきた問題や苦難を

乗り超える力が

不足しているかもしれない

 

10キロの石を

軽々持つ人と

なかなか持てない人の

力の差ともいえるかもしれない

 

一つの苦難を耐え忍び

乗り越えたならば

 

同じような苦難があっても

前よりも

少しは乗り越えやすいともいえる

 

耐え忍びはつらいことだが

耐え忍ぶことで

人格が深まり

 

そして

相手の苦しみを理解し

解決してあげる力も育っていく

 

プラスの言葉

眼4483

JUGEMテーマ:人生論

「眼(め)の力」

 

ものを見る眼には力がある

その力が

大きな仕事をしたり

 

また

心を癒す

そんな力にもなっている

 

この眼は

肉体についている眼以外にも

心眼としって

心にも眼があることを知る

 

実際に眼に病を持ち

形ある世界を

見ることのできない人は

 

この心眼が発達して

相手の心の姿さえ

見える場合もある

 

肉体の眼のみでなく

心にも眼があるこを知る

 

そして

心を大きく育てていくことで

心眼もさらに開けてくる

プラスの言葉

家族4482

JUGEMテーマ:人生論

「家族というもの」

 

家族とは

血縁で結ばれた

親族関係をいうとある

 

身体的につながりがあって

苦労を共にし

喜びを分かち合う

そんな関係でもある

 

縁から察すれば

 

強い縁で結ばれ

互いがそこで何かを学び

幸せを作り上げていく

そんな

使命があるのかもしれない

 

そんな家族のつながりを

断つ人もいるが・・・

 

できれば

血縁のみでなく

前世からの

心のつながりを縁として

出会ったことを知れば

 

さらに

家族の支え合いが

深まっていくといえる

プラスの言葉

難しい4481

JUGEMテーマ:人生論

「難しい世を生きる」

 

この世は簡単には

生き抜けない

 

谷川を流れる激流を

小さな舟で下っていくような

そんな難しさがある

 

しかし

難しいからといって

逃げるわけにはいかない

 

いつも 逃げていても

同じ難しさが追ってくる

 

どう解決すれば

難し人生の問題を解けるか

 

それをいつも心におき

前に起きてくる難題に

前向きに立ち向かっていく

 

その思いと

どう生きればよいのかの

教えをもとに

 

今日も

激流を下っていく

プラスの言葉

不平4480

JUGEMテーマ:人生論

「不平という汚れ」

 

不平は

誰しも

持ったことがあるかもしれない

 

自分の思うようにいかなくて

つい不平の思いがでる

 

それが言葉になり

行動になって出てしまう

 

不平の思いは

知らないところから出て来る

 

まず世は

思うようにいかないものと

認識する

 

しかし

努力を惜しまず

続けていくことで

思うようにならないことも

形となっていく

 

また

相手の思いを知り

その思いを大切にしてあげる

 

すると

不平の思いがすこしずつ

おさまってくる

 

そうして

幸せをより多く

感じとっていけるようになる

プラスの言葉

掬4479

JUGEMテーマ:人生論

「掬(すく)いとる」

 

この掬うは

両手で水をすくうという

意味があるようだ

 

その様子を

人びとを救うという意味に

取る場合がある

 

苦しむ人を

慈悲の手で掬ってあげる

困難に溺(おぼ)れている人を

掬ってあげて助けてあげる

 

道で迷っている人を

思いやりの手で掬ってあげ

相手を安心させてあげる

 

この掬うということを

自らの戒めてとして

常に持っている

 

自分のできることでいいから

相手の苦しみ悲しみを

掬ってあげる

 

そんな生き方が尊い

プラスの言葉

描4478

JUGEMテーマ:人生論

「人生を描く

 

誰しも絵を

描いたことがあると思われる

 

絵の好きな人は

根気よく対象物を描く

 

絵の上手い人は

考えられないほどの

細密な絵を描く

 

描くには絵のみでなく

人生を描くことも考えられる

 

どんな人生を描いて

生きていくのか

 

先に

自分の描きたい人生観を持ち

それを描くためには

どのような材料を選び

どう描いていくのかを

決める

 

そして

その人生の絵を

常に意識し努力を惜しまず

描いていく

 

どんな絵が描かれているのかを

静かに

己の心を見つめてみる

プラスの言葉

与4477

JUGEMテーマ:人生論

「与えるということ」

 

人は与えられて

生かされている

 

自らの子どもに与え

子どもは親に笑顔を与える

 

互いが与え合い

幸せをつちかう

 

しかし

与えるというより

与えてほしいという思いが

強くなると

 

それが我欲になり

自らは幸せと思うが

相手が不幸になる

 

それを知り

与えてほしいという思いを

少し制御し

与えるほうを少し増やす

 

それが人生を上手く

生きぬいていく方法と知る

 

木々の葉は

寒さに耐え

その紅葉の美しさを

みんなに与えている

プラスの言葉

自分4476

JUGEMテーマ:人生論

「自分という存在」

 

自ひとりでは

自分の存在を

確かめることはできない

 

相手がいて初めて

自分の顔が丸いのか

四角なのか分かる

 

自分の姿が美しいのか

そうでないのかも分かる

 

そして

自分自身の心の存在はどうか

 

自分がやさしければ

相手のやさしさが分かる

 

自分が悲しみを知っていれば

相手の悲しみも分かる

 

相手がどれほど悲しんでいるかは

自分の悲しみの深さによる

 

自分の存在を知るために

相手がいる

 

相手と共に幸せの道を

手を取り行く