臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺 元住職(閑栖)ブログ

長野県伊那市にある臨済宗妙心寺派 法城山 護国寺の元住職ブログです。元住職のオリジナル法話や詩を紹介しています。また、法話会やテレホン法話、お経会等の活動をしています。講演依頼も承ります。
毎月無料冊子「法愛」を発行しております。お気軽にお問い合わせ下さい。コメント、トラックバック大歓迎です。
確固3459

JUGEMテーマ:人生論

「確固とした精神」

 

確固とは

たしかでしっかりしていること

確固とした信念などに使う

 

生きる上でも

確固とした精神

あるいは生き方がないと

浮き草のように

気ままな風に流され

右に左にと

自分自身も流されてしまう

 

確かに

私はこうありたい

こう生きたい

そんな思いをしっかり持っていると

 

少しの風に動じないで

生きていくことができる

 

山は不動心を表す

動かずそしてそこにいて

四季おりおりに美しい

 

何があっても動じない

確固な精神は

その人を美しくさせる

 

07:35 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
防ぐ3458

JUGEMテーマ:人生論

「邪を防ぐ」

 

日々の暮らしのなかで

良いことばかりが続けばよいのだが

いらいらしたり

不満に思うこともたくさん

起こってくる

 

そんなときに

心のなかに邪が入り込む

 

そうすると

不満が増幅され

それが言葉に出て

さらには行為にでてくる

 

その行為が

人を傷つけてしまうほどになると

邪にやられてしまうことになる

 

そんな邪を

心に入り込ませないように

日々防衛していく

 

悪なる邪を押しとどめる

そう いつも気づかい

心を守っていく

 

07:28 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
光陰3457

JUGEMテーマ:人生論

「光陰を惜しむ」

 

光陰とは

歳月とか移りゆく時などに使う

 

時の流れは止まらず

幸せも不幸なときも止まらずに

流れていく

 

幸せは止まり

不幸は早く流れていってほしいと

思っても

時間は止まることを知らない

 

だから昔から

この今を大事にすることを

戒めてきた

 

一年も過ぎてしまえば

まばたきをするほどの

短い時間に思えてしまう

 

今このときを

大事に生きていけば

何か得るものがある

 

光陰を惜しむ

そんな心構えが

人生を深くさせる

 

07:34 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
必要3456

JUGEMテーマ:人生論

「必要とされる」

 

一番悲しいことは

必要とされなくなること

 

あなたがいなくても

別に困らない

あなたはいらない

必要がない

 

そう言われると

つらく悲しいものがある

 

どう必要とされる

人間となっていくかが

また人生を味わい深く

生きていくために大切なこと

 

自分のできることを嫌がらず

怠惰にならず

日々たんたんとこなしていく

 

あなたがいなくなると困る

 

そう言われることが

人間の価値をさらに

高めていく

07:31 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |
縁3455

JUGEMテーマ:人生論

「縁を生かす」

 

この世は

さまざまな縁によって

結ばれている

 

縁あって巡りあえたとか

前世の縁とか

お金には縁がないとか

そんな使い方をする

 

目の前に現れたこと事は

何かの縁があって

そこに現れている

 

その縁を大事にするか

粗末にするかで

人生も変わってくる

 

悪いことがあたならば

それも何かの縁と思い

自分が静かに

その縁を受け取って解決していく

 

善いことが縁あって出会えたら

みんなのおかげと

感謝していく

 

そんな縁のとらえ方が尊いと

思われる

 

07:28 | プラスの言葉 | comments(0) | - | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--